キービジュアル キービジュアル

私たちと一緒に働きませんか?

より良い看護を提供するために、全力で業務に励む看護師。プライベートの時間をどのように過ごしているのでしょうか?勤務の様子とともに、オフタイムに過ごし方をご紹介します!

産婦人科 2013年入職 Nさん

画像
画像

出産のケアに加え、赤ちゃんの入浴や食事のサポートを担当しています。普段から意識しているのは顔の”表情”。患者さまに安心していただくために、常に明るく笑顔でいるようにしています。
患者さまから「あなたでよかった」と言っていただけたときは本当にうれしいです。将来的には、助産師の資格を取得し、この病院で助産師として働きたいと考えています。

画像

休日はショッピングに行ったり、食事に行ったりすることが多いです。同期の仲間と遊園地や旅行に出かけたのは、楽しい思い出です。病院内のフットサルサークルの活動も、私にとって大きな楽しみです!入職してすぐに入り、勤務日が重ならない限り、練習に参加しています。また、実家のある和歌山の社会人ソフトボール部にも所属し、帰省した際には練習に参加。
スポーツをして汗を流すと、心身ともにリフレッシュできますよね!

画像

小児科 2011年入職 Mさん

画像
画像

小児科に勤務し、入院している子どもの検温や聴診、採血などを担当しています。親御さんから子どもさんを一定の期間預かるわけですから、最善のケアを実践するとともに、”親代わり”として起床・就寝時のあいさつなどを心がけています。子どもたちが元気になって退院していく姿を見ると、やりがいを感じますね。入職4年目になったので、今後は後輩の育成にも力を注ぎたいと考えています。

画像

一番の趣味は、野球観戦!シーズン全試合の1/3は球場で観戦しています。勤務後、球場に直接向かうこともあるんですよ。また、学生時代、陸上部で長距離を走っていたのですが、今も週1回のジョギングは欠かしません。観光地めぐりも休日の楽しみ方のひとつ。いちご狩りやいも掘り、ビアパーティーなど、労働組合主催のイベントにも楽しく参加しています。

画像

ナースマンも安心して働ける、充実したサポート体制です

「看護師=女性の世界」はひと昔前。今はナースマンも増えています。患者さまの移動をサポートするなど、看護には力仕事も多いので、男性の需要は高いんですよ。僕らは現在、手術室看護師として手術中の患者さまのケアをはじめとした外回り看護を担当しています。専門的な技術も必要なのですが、プリセプター制度のおかげでスムーズに業務を覚えることができました。プリセプター制度とは新人看護師に先輩看護師がつき、マンツーマンで相談にのったりアドバイスしたりする新人教育。
技術面はもちろん「患者さまとコミュニケーションがうまく取れない」「職場にうまくなじめない」などの相談にも先輩看護師がのってくれて、心強かったです。

手術室2010年入職 Iさん(左)
手術室2013年入職 Kさん(右)